現場検証委員会


目的

「次世代社会インフラ用ロボット開発・導入検討会」(平成 25 年 7 月設置)の検討結果を踏まえ、開発・導入を促進するロボットの現場実証及び評価を行うことを目的としています。



構成

 本委員会は、次の専門部会から構成される。 

・維持管理関係

橋梁維持管理部会トンネル維持管理部会水中維持管理部会 

・災害対応関係

災害調査部会応急復旧部会 

 

 本委員会の委員は、各専門部会の部会長、ロボット分野の有識者の代表者、関係行政機関及び研究機関の代表者とする。 

各専門部会の委員は、各専門分野の有識者及び関係行政機関及び研究機関の所属者とする。

 委員会及び各専門部会は、必要に応じ、構成員を追加又は変更できる。 

 学識者を除く各委員は、やむを得ない事情により各専門部会を欠席する場合、代理を以てその任に充てることができる。 



役割

 本委員会の役割は、次のとおりとする。

① 各専門部会に共通する項目の連絡及び調整 

 

 専門部会の役割は、次のとおりとする。 

① ロボットの現場検証及び評価に係る公募内容の決定 

② ロボットの現場検証及び評価項目の決定 

③ 応募者の中から現場検証及び評価を行う者の選定 

④ ロボットの現場検証 

⑤ ロボットの現場検証を踏まえた評価 

⑥ その他、必要な事項 



事務局

 本委員会及び専門部会の事務局を国土交通省総合政策局公共事業企画調整課に置く。(設置 平成 26 年 2 月 5 日)



次世代社会インフラ用ロボット現場検証委員会

(各専門部会の部会長及びロボット分野の代表者)

橋梁維持管理部会長 藤野 陽三 横浜国立大学 上席特別教授
トンネル維持管理部会長 西村 和夫 首都大学東京 教授
水中維持管理部会長 角  哲也 京都大学防災研究所 教授
災害調査部会長 高橋 弘 東北大学大学院 教授
応急復旧部会長 建山 和由 立命館大学 教授
ロボット分野(主に維持管理) 油田 信一 芝浦工業大学 特任教授
ロボット分野(主に災害対応) 淺間 一 東京大学大学院 教授


(行政機関等の代表者)

国土交通省 大臣官房 技術調査課長 田村 秀夫
国土交通省 総合政策局 公共事業企画調整課長 山内 正彦
経済産業省 産業技術環境局 研究開発課長 渡邊 昇治
経済産業省 製造産業局 産業機械課長 佐脇 紀代志
(国研)土木研究所 技術推進本部長 山元 弘

(国研) 産業技術総合研究所

知能システム研究部門 部門長

横井 一仁

(国研) 新エネルギー・産業技術総合開発機構

ロボット・機械システム部 部長

弓取 修二

消防庁 特殊災害室長

白石 暢彦

消防庁 消防研究センター 特別上席研究官

天野 久徳

文部科学省 科学技術・学術政策局
産業連携・地域支援課長

坂本 修一

(オブザーバ)

防衛省 技術研究本部 先進技術推進センター

ヒューマン・ロボット融合システム技術推進室 室長

金子 学
防衛省 経理装備局 技術計画官付 防衛部員 若月 孝夫

(敬称略) 
平成 27年 7月 16日現在