災害調査部会

No.14

技術名称

災害調査用地上/空中複合型ロボットシステム

技術概要

災害時の初動調査および情報収集を実現するシステムとして、地上移動型と

空中飛行型のロボットを、それぞれの利点や特徴を活かした複合的な形態で

活用する災害調査用地上/空中複合型ロボットシステムの形で実現し、さらに

収集した情報の可視化や災害情報データベースまで含めた総合システムと

して運用する。

適用分野

 ■:対象

 □:非対象

災害調査

 ■土砂崩落把握  ■土砂等計測  □引火性ガス把握  □トンネル内把握

技術特徴

【全般】災害時の初動調査および情報収集を実現するシステム。

【ヘリ】ベースは汎用製品を採用し、ライフサイクルコストを抑制。

【データ解析】

・収集データを解析し、2 次元/3 次元空間モデルを生成し、地図システム上に

 可視化。

・電磁気探査法システムを用い、地盤内部の透水性の不均質性を定性的に考

  慮した災害危険性を評価し可視化。

・簡易式サンプル採取、地質電磁探査プローブによる水分量を調査。

移動手法

【ヘリ】

・Propo による遠隔操作

・座標/高度/速度等の飛行計画入力による半自律/自律移動

操作方法

【ヘリ】

・Propo による遠隔操作(ヘリ/車両)

・GPS/気圧/加速度センサーに基づく、半自律/自律移動

情報取得方法

【ヘリ用】

・光学カメラ

・電磁気探査法システム

【車両用】

・3 次元レーザースキャナー

・簡易式サンプル採取、地質電磁探査プローブ

取得情報の

整理・分析方法

・2 次元モザイキング生成及びGIS 重畳

・3 次元空間モデル生成

・電磁探査法システムによる解析

コメント※

[要素検証技術]

 

検証項目:[1]地形の変化や状況を把握するための高精細な画像・映像や地形

                        データ等の取得ができる技術


検証場所:桜島黒神


実用化に向けて、それぞれの要素での課題を整理し、適した対策を行うことが

望ましい。

また、開発スケジュールと本現場検証のスケジュールとの整合性について明確

にする必要がある。

検証項目:[2]土砂等の状況を判断するため、例えば、土砂や火山灰等の含水

                        比や透水性、密度・内部摩擦角・粘着力、貫入抵抗、火山灰につ

                        いては堆積深等の計測ができる技術


検証場所:桜島黒神


実用化に向けて、それぞれの要素での課題を整理し、適した対策を行うこ

とが望ましい。

また、開発スケジュールと本現場検証のスケジュールとの整合性について

明確にする必要がある。

応募者

株式会社 日立製作所 ディフェンスシステム社

共同開発者

株式会社 エンルート、八千代エンジニアリング株式会社、

独立行政法人 産業技術総合研究所

連絡先 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル
電話:03-4564-3127、 FAX:03-4564-4010
Email:kazuhiko.tanimura.ws@hitachi.com (担当:谷村 和彦)
詳細情報リンク http://www.enroute.co.jp/

 

※公募要件に対する部会としての評価ではない。ただし、要素検証技術の確認に部会の委員が立会った場合は記載。


 

【参考図 等】

【技術特徴】

 【ヘリ】ベースは汎用製品を採用し、ライフサイクルコストを抑制。

【静止画】

日立製作所1
日立製作所1

静止画ダウンロードはこちら 日立製作所1

 

日立製作所2
日立製作所2

静止画ダウンロードはこちら 日立製作所2

 

日立製作所3
日立製作所3

静止画ダウンロードはこちら 日立製作所3