災害調査部会

No.15

技術名称

土砂崩落・火山災害状況監視ロボットシステム

技術概要

本技術は、遠隔操作により人間の立ち入りが危険な箇所において高精度な

映像や地形データに加え微小変位をリアルタイムに取得する世界初の小型・

軽量・省電力のロボットシステムである。レーダーを用いることにより、従来技

術では困難であった長距離(最大10km)計測や夜間・悪天時におけるデータ

取得が可能となり、コストも低減される。さらに新技術の導入により、従来技術

の弱点である計測限界を克服し、小型化・省電力化を実現する。

適用分野

 ■:対象

 □:非対象

災害調査

 ■土砂崩落把握  □土砂等計測  □引火性ガス把握  □トンネル内把握

 コメント※

[要素検証技術]

検証項目:[1]地形の変化や状況を把握するための高精細な画像・映像や地形

                        データ等の取得ができる技術


検証場所:雲仙普賢岳

 

実用化に向けて、それぞれの要素での課題を整理し、適した対策を行うことが

望ましい。

応募者

株式会社パスコ
共同開発者

アルウェットテクノロジー株式会社

連絡先

東京都中野区中野四丁目10-1 中野セントラルパークイースト3階

電話:03-5318-1082、 FAX:03-3319-4151

 

※公募要件に対する部会としての評価ではない。ただし、要素検証技術の確認に部会の委員が立会った場合は記載。


 

【参考図 等】

【静止画】

パスコ
パスコ

静止画ダウンロードはこちら パスコ