水中維持管理部会

No.1

技術名称

魚群探知機を利用した水中維持管理調査システム

副題

車両1台で運搬し、作業開始から完了まで、大規模な機材を必要としないシステム

技術概要

オートパイロットエレキ付ゴムボートに搭載した市販魚群探知機を中心に,複数の

水中撮影用装置とCHIRPソナー振動子により水中内構造物及び海底の状況調

査ができるシステム。

DGPSを利用し位置精度を確保、WIFIを利用し陸上からの遠隔操作も可能、モバ

イル機器で調査状況を複数人で共有できる。ヒッチクレーン付1BOXでゴムボート

の揚げ降ろしも手動ででき大規模な機材を必要としない。

適用分野

 ■:対象

 □:非対象

水中維持管理
  ■ダム近接目視  ■ダム堆積物把握  □河川近接目視等

総合評価

[実用検証技術]

検証項目:[1]ダムにおいて、ゲート設備の「腐食、損傷、変形」、堤体等のコン

                        クリート構造物の「損傷等」及び洪水吐き水叩き部の「洗掘等」に

                        ついて潜水士による近接目視の代替または支援ができる技術・

                        システム

 

検証場所:宮ケ瀬ダム

 

市販機器の組合せによる、軽量且つ安価なシステムの開発に取り組んでいる。

位置精度、計測装置の構造等に課題がある。今年度の現場検証で顕在化した

課題への対応により現場活用レベルまで向上することを期待する。

応募者

株式会社Seachallenge

共同開発者
連絡先

横浜市保土ヶ谷区初音ヶ丘43-20

電話:045-744-9481、  FAX:045-744-9481

Email:seachallenge0077@yahoo.co.jp

 

【参考図 等】

Seachallenge
Seachallenge