水中維持管理部会

No.14

技術名称

ダム湖堆積物 電磁波レーダー探査システム

副題

淡水湖堆積物における電磁波レーダー探査

技術概要

電磁波レーダー探査法(以下、「本探査法」)を活用し、センサーに相当する「アン

テナ部」を水面に浮かべ、そのアンテナを水面で走査することにより、水面から

湖底の堆積物水深及び堆積物の層厚と基盤の内部状況等を同時に把握できる

ので、総合的に経済的な探査手法である。また、本探査法は、高周波数帯域の

パルス波を使用しているため、分解能は音響(音波)探査などの他探査法と比較

して高い。

適用分野

 ■:対象

 □:非対象

水中維持管理
  □ダム近接目視  ■ダム堆積物把握  □河川近接目視等

コメント※

[要素検証技術]

検証項目:[2]ダムの貯水池において、堆砂等の「堆積物の状況」について全体

                        像が効率的に把握出来る技術・システム


検証場所:宮ケ瀬ダム

 

適用範囲が深度10m程度と浅いが、各々の要素技術が確立していることを確

認した。

応募者

みらい建設工業株式会社

共同開発者 株式会社メンテック・株式会社アートンシビルテクノ
連絡先

〒108-0014 東京都港区芝4-8-2

電 話 :03-6436-3719 、 FAX:03-6436-3737

Email:tech@mirai-const.co.jp

 

※公募要件に対する部会としての評価ではない。ただし、要素検証技術の確認に立ち会った部会の委員等からコメントを

頂いた場合には記載。

 

 

【参考図 等】