橋梁維持管理部会

No.2

技術名称

全自動ロボット型空中俯瞰撮影システム

副題

S-AIS(Smart Aerial Inspection and Survey)

技術概要

『全自動ロボット型空中俯瞰撮影システム』の機体は、カナダのエリヨン・ラボ

社製で、①完全自律飛行、②自己診断機能搭載、③容易なデータ収集、

④コンパクト設計による高い機動性、以上4 つの特徴をもったシステムである。

適用分野

 ■:対象

 □:非対象

橋梁維持管理
   □近接目視(鋼橋)         ■近接目視(コンクリート橋)  □近接目視(床版)
   □打音検査(鋼・コンクリート橋)  □打音検査(床版)  □点検者の接近手段

総合評価

[実用検証技術]

検証項目:[2]コンクリート橋において、桁の「ひび割れ、剥離・鉄筋露出、

                       漏水・遊離石灰、うき」について、点検要領に基づく近接目視

                       の代替または支援ができる技術・システム


検証場所:浜名大橋

 

・強風の中においても飛行は安定していた。

・搭載カメラが横向きで固定されているため、橋梁点検に必須の橋梁下面

  からの撮影ができない。そのため橋梁点検に適用するには更なる改良が

  必要である。

・写真は比較的遠望から撮影されており、鮮明さに欠ける。

・損傷状況の調査精度(橋梁側面)は低く、ひびわれなどを十分に把握でき

  ていない。精度向上が望まれる。

応募者

東日本高速道路株式会社

共同開発者 株式会社ネクスコ東日本エンジニアリング
連絡先

東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビルディング15 階

電話 : 03-3506-0095、FAX : 03-3506-0343

 

【参考図 等】

【静止画】

東日本高速道路01
東日本高速道路01

静止画ダウンロードはこちら 東日本高速道路01


東日本高速道路02
東日本高速道路02

静止画ダウンロードはこちら 東日本高速道路02


【動画】

動画ダウンロードはこちら ダウンロード(wmv)