応急復旧部会

No.5

技術名称

CAN制御車両の遠隔操作システム

副題

CAN制御車両の遠隔操作を簡易的変換器により安価に達成したシステム

技術概要

本システムは、CAN(※)により制御する建設機械等の車両データを、簡易

的変換によりLAN変換して無線機等で伝送するものであり、電磁弁等の機

器の追加や交換を伴わずに経済的に車両の遠隔制御が可能になり、操作

性を損なわない。

 

※CAN ( controller area network ) は1985年に車載ネットワーク用に開

発されネットワークデバイスのプロトコルで、現在では自動車以外の市場で

も幅広く採用され工業用通信の標準になっている。耐ノイズ性能にすぐれ、

柔軟な利用が可能で、遠隔操作にも応用されつつある。

対象技術

 ■:対象

 □:非対象

災害応急復旧

 掘削等 □排水 情報伝達

総合評価

[実用検証技術]

検証項目:[3]土砂崩落または火山災害において、人の立入りが困難若しく

                        は人命に危険を及ぼす災害現場の「遠隔または自動による

                        機械等の制御に係る情報の伝達」ができる技術


検証場所:雲仙普賢岳

 

・技術として確立しており、無人化施工において試行的導入の検討を推奨する。

  ただし、適用可能なメーカー・機種が限られることに留意する必要がある。

応募者

株式会社熊谷組

共同開発者

株式会社IHI、 IHI建機株式会社

連絡先

株式会社熊谷組 土木事業本部機材部

東京都新宿区津久戸町2-1

電話:03-3235-8627、 FAX:03-5261-5576

 

【参考図 等】