応急復旧部会

No.6

技術名称

低遅延型デジタル高精細画像伝送システム

副題

伝送遅延と伝送容量を極力抑えたLAN方式によるフルハイビジョン画像伝送

技術概要

 本システムは、動画(30fps)のフルハイビジョン画像を3.0Mbpsの低容量、

低遅延(70msec以内)でデジタル伝送が可能である。従来は、動画(30fps)

のSD画像(720×480)をアナログ伝送している。本システムの活用により、画

質向上に伴う調査効率や精度が向上する。また、伝送容量削減に伴う他情

報伝送の併用が可能となり、無線資源等の有効活用による施工性や運用性

向上、併せて、無線装置等の台数削減や低廉化による経済性の向上となる。

対象技術

 ■:対象

 □:非対象

災害応急復旧

 掘削等 □排水 情報伝達

 総合評価

[実用検証技術]

検証項目:[3]土砂崩落または火山災害において、人の立入りが困難若しく

                        は人命に危険を及ぼす災害現場の「遠隔または自動による

                        機械等の制御に係る情報の伝達」ができる技術


検証場所:雲仙普賢岳

 

・高精細映像の作業効率向上に対する有効性については確認できなかっ

  たが、奥行き感があり、難しい操作に優れている。さらに、中長期的には

  オペレータの疲労軽減に役立つ可能性がある。

・低遅延・高精細だけでなく、低(伝送)容量という特徴を生かした効果的な

  活用方法の検討に期待する。

応募者

株式会社熊谷組

共同開発者

青木あすなろ建設株式会社、 株式会社大本組、

西松建設株式会社、 株式会社フジタ

連絡先 株式会社熊谷組 土木事業本部機材部
東京都新宿区津久戸町2-1
電話:03-3235-8627、 FAX:03-5261-5576

 

【参考図 等】