平成26年度 現場検証技術DB



現場検証数
評価数
①実用検証技術 ②要素検証技術
全体
技術

検証

項目

  者 

 技術

検証

項目

  者 

技術

検証

項目

  者 

橋梁維持管理部会 17
33

17

12
25 38 5 8 5
トンネル維持管理部会 8
12 8

2

2 2 6 10 6
水中維持管理部会 14
15 14 6 6 6 8 9 8
災害調査部会 19
22 19 13  13 13 8 9 8
応急復旧部会 7
9 6 6 7 5
1 2 1

 

①実用検証技術

現段階で実現場での利用可能性があると判断される技術であり、実際の使用を想定した現場検証を

実施した技術。

 

②要素検証技術

[橋梁維持管理部会]

検証現場の使用上の制約等によりシステムとしての検証がおこなえず、データ収集や各要素の稼働

状況の確認等を目的として現場検証を実施した技術。または、現時点では実現場での適用は困難で

あるものの、今後の開発により実現場での利用が見込める技術であり、データ収集や各要素の稼働

状況の確認などを目的として現場検証を実施した技術。

 

[トンネル維持管理部会・水中維持管理部会・災害調査部会・応急復旧部会]

現時点では実現場での適用は困難であるものの、今後の開発により実現場での利用が見込める技術

であり、データ収集や各要素の稼働状況の確認などを目的として現場検証を実施した技術。

現場検証・評価の結果